治療と体操

親指

尿漏れの治療として、クリニックで処方をされる内服治療や手術、または膣内挿入器具を使うものがあります。

また骨盤底筋を鍛える体操が効果的です。
尿漏れの具合が軽い人は、原因となる骨盤底筋を鍛えることで改善することがあります。
肛門や膣部分を締めて10秒ほど待ちます。そのあとに力をゆるめて30秒ほどリラックスをします。締めてゆるめるまでを1セットとして10セット行いましょう。
またこれが終わったあとは今までやったスピードを素早くしてこれも10セット行います。 (さらに…)

検査

まる

尿漏れの治療を受ける時は病院やクリニックの泌尿器科を受診しましょう。行く前に尿漏れの治療をしたいということを相談しておくとそのクリニックの予約状況を知ることが出来たり、何時頃行ったら空いてるのかなど聞くことも可能となります。

クリニックでの検査として、膀胱に尿が溜まった状態で咳をして尿が漏れるかを調べるストレステストや、パッドテストと言ってある程度の水を飲んでもらってからパッドを付け、そのあと1時間ほど運動などをしてもらいどれくらいの量が出てるかを重さで測る検査もあります。 (さらに…)

症状や特徴

夕日

腹圧性尿漏れで悩んでいる人が多く、どの女性にもなる可能性があります。しかしクリニックで治療を行うことで良くなることがあります。

症状としては、咳やくしゃみをしたとき、また笑うことでお腹に力が入った時に尿が漏れることが多いです。重いものを持ったりするのも力を入れるので同じ症状となるでしょう。
また出産経験のある人も尿漏れになることがあり、特に2回以上経験している人はより尿漏れになりやすいです。

更年期や閉経になってから尿漏れが始まる人も多く、またその時期から症状がひどくなることがあるので注意しましょう。 (さらに…)

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930